"HORIZONS"

あなたの世界を"ちょっと"広げる情報を紹介

立ち小便派の下克上!?尿はねを完全にゼロにする用の足し方を本気で考えてみた

f:id:widenhorizons:20170413212345j:plain

我々人間の生活環境から切っても切り離せないトイレの存在。誰しも1日に少なくとも数回はトイレに足を運び、用を足すことでしょう。そしてトイレと密接な関係を長年築き上げてきたものが「汚れ」なのであります。今回は、そんな汚れの元である「尿はね」に注目し、長年の問題を解決する「尿はねを完全にゼロにする男性の用の足し方」を考えてみたいと思います。

 

 

 

"立ってする派"の現実 

立って小用をすると尿はねがひどいと言う話はよく耳にしますが、実際はどの程度の尿はねが起きているのでしょうか。

f:id:widenhorizons:20170413004906p:plain

NHK「ためしてガッテン」2015 年 9 月 2 日放映「家族が涙!トイレ問題 大解決SP」

ご覧の通り、便器の淵やふたまであらゆるところに尿はねがついてしまっていますね。こちらの実験では便器だけでなく、壁や床などにも多数のはねが確認されていました。これはさすがにひどいですね。立って用を足すのをやめて欲しい側の気持ちがよくわかります。

 

尿はねは狙う場所によって変わる!?

f:id:widenhorizons:20170413005558p:plain

出典: トイレの尿ハネ実態と男性の小用スタイルの関係

トイレ用品も多く販売するライオン株式会社が行った実験によると、用を足す際に狙う便器の場所によって尿はねの数は大きく変わることが分かります。一番ひどいのは"奥狙い"の殿方。毎回知らぬ間に7550滴という桁違いの尿はねを発生させてしまっているようです。これは奥さんや一緒に生活する方からしたら絶対にやめてほしい発射方法ですね。男性陣は気をつけましょう。

 

必殺「垂直中央狙い」で77滴まで抑えられる!?

NHK「ためしてガッテン」が行った実験によると、便器を足で挟み、中央の水溜りに向かって垂直に発射した場合、尿はねを77滴まで抑えられるのだそうです。いくつかの発射法のなかで尿はねを最小限に抑えていたのがこの方法でした。しかし、7550滴を約100分の1まで抑えられたからといって、尿はねが起きてしまっていることに変わりはありませんね。完全にゼロにする方法はないのでしょうか、、、物理的に不可能ではないと思うのですが、、、

 

アメリカの物理学者考案の「尿はねゼロ発射法」

f:id:widenhorizons:20170413204808j:plain

Splash Lab

アメリカで流体力学を主に研究している通称"Splash Lab"によると、発射された尿が水玉状になる前に壁に衝突する時、尿はねがゼロになるという結果を発表し、世界中のメディアに取り上げられました。その方法とは、発射点と壁の距離を12cm以下にするということ。なるほど、壁との距離を12cm以下に保ちつつ、壁にあてると良いそうです。しかしながら、立ったまま12cmをキープするなんてことは絶対にできませんよね。もうおとなしく座るしか手はないのでしょうか。

 

えっ、"座りスタイル"も油断は禁物!?

ライオンによる2015年の調査によると、座ってするタイプの男性は既に約6割に達していて、なんと過半数を占めているようです。これで解決かと思われた「尿はね」問題ですが、なんと座ってするタイプも尿はねがあるそうなんです!

f:id:widenhorizons:20170413011933p:plain

出典: トイレの尿ハネ実態と男性の小用スタイルの関係

同じくライオンの実験によると、"座りスタイル"の場合、"壁や床"への「尿はね」は最小限に抑えられるものの、便座の裏側には防ぎきれない尿はねがついてしまうようです。これは女性も人事ではなく、実は男性よりも多くの尿はねを起こしてしまっているのだとか。あれ?12cm以下ならハネないんじゃないの?と思った方もいると思いますが、こちらは壁に当たる角度が関わっているようです。実は先ほど紹介した"Splash Lab"の研究は、公衆トイレによくあるような、もともと立ってすることが前提の立ち小便用便器での話であって、どんなに近いからといって、座ってするスタイルで尿はねをゼロにすることは難しいのだとか。

こうなると話は変わってきます。座ってして!と奥さんに怒鳴られる日々を送ってきた世の男性の皆さんが、「君は500滴もはねているじゃないか、僕は77滴に抑えられるんだぞ!」と反論できてしまうのです。しかし奥さんのいい分はこう、便器の裏は掃除がしやすいけど、床や壁は汚くなるからイヤ!ごもっともであります。こうなったら「完全に尿はねをゼロにする小用の仕方」を開発するしかないようです。

 

尿はねゼロの鍵は"泡"!

f:id:widenhorizons:20170413014929p:plain

トイレを汚れから守る!「泡コートトワレ」

 尿はねゼロ発射法を模索しているときに見つけた、パナソニックが販売するアラウーノというトイレに目を付けました。こちらのトイレは、用を足す前に自動で泡が便器の内側をぐるっとコーティングしてくれるという画期的なハイテクトイレ。その泡は、汚れを落としにくくするだけでなく、泡コートが尿はねをも防いでくれるのだとか。実際にYouTubeの商品レビューを拝見しても、確かに泡の力でかなり尿はねが抑制されるようです。 通常の中央狙い (ハネ372滴) ですら、泡コートのもとでは尿はねがほぼないということですので、垂直中央狙い (ハネ77滴) では完全にゼロに近づくのではないでしょうか!? 

アラウーノ以外の手で泡コートを手に入れる 

 

 

画期的なアラウーノですが、本体価格が10~30万円と、なかなか尿はね防止のためだけには手が出せるようなものでもありません。Amazonで販売されているお手頃タイプのものでも6~7万円。そしてアラウーノの洗剤の補充は市販の食器用洗剤でするようです。そうなったら、アラウーノを購入する以外の方法で泡コートを手にして尿はね完全ゼロを達成したい!ゴールはもう目の前であります。

 

 ついに見つけた市販の泡コート

アイリスオーヤマ 洗浄剤 トイレ用 モコモコ泡スプレー

f:id:widenhorizons:20170413202013j:plain

 アイリスオーヤマ販売のこちらのモコモコ泡スプレーは、泡スプレーでトイレの淵の汚れを落とすという商品。しかし私が今回この商品を買った目的はそう、尿はねを防いでくれる泡コート!実際に泡コートを作るべく便器の水回りに一周スプレーをしてみました。

f:id:widenhorizons:20170413201855j:plain

 これは正直驚きました!!!スプレーは頼りないかと思いきやすごいパワー!これぞ泡コート!泡もアラウーノの泡に匹敵する、いやそれ以上の厚みがあるのではないでしょうか。すばらしい泡コートの完成です。

f:id:widenhorizons:20170413202519j:plain

実際に、簡単にではありますが、トイレットペーパーを便器の周りをセットし、水を中央に落としてみましたが、これがまたすごい!本当にボコボコと泡がハネを完全に抑制していました。はっきり言って泡コートのもとでは、高さも角度も関係ないのでは、と思えるほど。トイレットペーパーにはもちろん、ハネと見られるものは一切見当たりませんでした。私もこれほどまでに違うのかと正直驚きました。

f:id:widenhorizons:20170413203110j:plain

短時間で尿はねを抑制するだけでなく、流すときにトイレの洗浄もできてしまうこの泡スプレーは超画期的。立って用を足したい派の男性陣、尿はねを防ぎたい全ての人に試してほしい裏技を見つけてしまいました。

まとめ

こうして泡コートをスプレーで作り出し、中央の水に向かって発射するやり方が、私の辿り着いた現状最も「尿はねゼロ」に限りなく近い小用の足し方という結果に至りました。座ってするスタイルで便器裏の掃除を後に回すか、用を足す前にワンスプレーをして泡コートでハネを防ぎ、洗浄も一緒にしてしまうか、どちらがよりよいかは皆さんの判断にお任せします。が、尿はねを完全に防ぎながら、常に清潔なトイレを保つのも悪くはないのではないでしょうか?

以上今回は、「尿はねを完全にゼロにする用の足し方を本気で考えてみた」をお届けしました。