"HORIZONS"

あなたの世界を"ちょっと"広げる情報を紹介

エルサレム(イスラエル)からアンマン(ヨルダン)への行き方4パターンを解説。費用や所要時間は?

f:id:widenhorizons:20190430145254j:plain
イスラエルの人気都市エルサレムとヨルダンの首都アンマンは比較的シンプルな手段で行き来することができます。しかし都市間の移動には注意しなくてはならない点がいくつかあるため、スムーズな移動を行うためには多少なりとも事前の準備が必要です。

 

一般に、エルサレムからアンマンへ行くには以下の4つの行き方があります。

  1. 1. セルヴィス (乗合タクシー) で行く (※ビザが必要)
  2. 2. バスとタクシーで行く(ビザ不要・北部国境利用)
  3. 3. ツアーに参加する
  4. 4. 飛行機で行く

 

この都市間の移動で最も注意しなければならないのは陸路で国境を超えるという点です。そのため、いくつかある行き方の情報を得た上で最も適切なルートを選択しましょう。 

 

 

 

 

陸路で国境を越える際の注意点

f:id:widenhorizons:20190430145554p:plain

エルサレムとアンマンの中間に位置し、どちらの都市からもアクセスの良い国境が、アレンビー橋/キングフセイン橋国境 (Googleマップ )です。しかしながら、この国境をイスラエル側からヨルダン側へ通過する際には、事前に申請したビザが必要になります。

 

※ただし、ヨルダンからアレンビー橋/キングフセイン橋国境を通ってイスラエルに入国していた場合を除きます。

※アレンビー (Allenby) はイスラエルでの呼び名、キングフセイン(King Hussein) はヨルダンの呼び名

 

このように、イスラエルとヨルダン間の国境規制により、ヨルダンへの入国はヨルダンからの出国より複雑なので注意が必要です。この記事ではそれぞれの行き方について解説します。

 

上記の通り、エルサレムやアンマンから最も近い国境であるアレンビー橋/キングフセイン橋国境で入国する場合は、事前にヨルダン大使館・領事館でビザを取得する必要があり、持ち合わせていない場合は入国ができません。それに対して、シェイクフセイン国境(ヨルダン川国境)ではビザは必要なく、比較的簡単に国境を越えることができます

 

 

シェイクフセイン国境を通っての入国についてはこちらの記事をご覧ください。

  

エルサレムからアンマンへの4つの行き方 

1. セルヴィス (乗合タクシー)で行く

f:id:widenhorizons:20190430155951j:plain

写真: Allenby Bridge - Wikipedia
事前にビザを取得している場合(もしくは一度、アレンビー橋を通ってヨルダンからイスラエルに入国している場合)、エルサレムからアンマンへはアレンビー橋国境を通って行くことができます。ゴールデンウォールズホテル近くのスルタン・スライマーン・ターミナルからアレンビー橋国境へのセルヴィス(乗り合いタクシー)が出ています。料金は47NIS ≒ 約1,400円。アンマンまでの全行程の費用はおよそ4,500~6,000円ほど(+出国税180NIS ≒ 約5,400円)、所要時間は3時間ほどを見込むと良いでしょう。
 

2. バスとタクシーで行く

f:id:widenhorizons:20190429232150j:plain
ビザをお持ちでない場合は、ベト・シェアンという町の近くに位置しているシェイクフセイン国境からヨルダンに入国できます。

 

エルサレムセントラルバスステーションからEgged社の961番もしくは966番バスでベト・シェアンまで行き、そこから20分ほどタクシーに乗れば国境へ行くことができます。国境を通過してヨルダンに入国したら、アンマンまではタクシーで2時間ほどです。

 

一見難しいルートに思えますがエルサレムから国境近くまで直通バスがあるので、比較的簡単に国境まで辿り着くことができます。国境付近は非常にのどかで落ち着いているので、エルサレムとは違ったイスラエルの姿を見ることができますよ。

全行程の費用はグループの人数に寄りますがおよそ6,000~8,000円(+出国税35USD ≒ 約3,900円)、所要時間は半日ほどを見込むと良いでしょう。

 

詳細ははこちらの記事でご覧ください。

 

3. ツアーに参加する

エルサレムからアンマンへの移動のみを扱うツアーは数少ないですが、ツアー会社にプライベートツアーを申し込むことでアンマンへ行くことは可能です。無駄な時間を省き、行きたい観光地やツアー後の降車地等を指定できるのがプライベートツアーのメリットです。プライベートツアーについては、こちらの"Petra from Israel"というサイトから問い合わせが可能です。

www.petrafromisrael.com

 

ヨルダン観光でペトラ遺跡を訪れたい方にとって、エルサレムから直接ペトラ遺跡のツアーに参加することも非常におすすめです。ビザ等の面倒な申し込みも事前に準備してくれるため、多少のコミュニケーションが必要となりますが、心配事に悩まされたくない方にとってツアーへの参加はベストオプションと言えるでしょう。

www.touristisrael.com

 

 

 

4. 飛行機で行く

f:id:widenhorizons:20190430151410j:image

飛行機でヨルダンに入国することは、陸路で国境を越えることが不安な方にとって最適な交通手段だと言えるでしょう。行き方としては、エルサレムとテル・アビブの間に位置するベン・ガーオン空港からの飛行機を利用してアンマンのクィーン・アリア国際空港から入国するという方法です。非常にコストと時間がかかるためあまりオススメはできませんが、ビザがない!遠くの国境まで行くのは怖い!という方にとっては最終手段として考えても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

簡単にまとめると、ビザをお持ちの方は乗合タクシーでアレンビー橋国境の利用を、ビザをお持ちでない方はバスとタクシーでシェイクフセイン橋国境の利用をお勧めします。ペトラ遺跡を観光される方にとってはツアーの参加を検討してみましょう。