"HORIZONS"

あなたの世界を"ちょっと"広げる情報を紹介

エルサレムからシェイクフセイン国境/ヨルダン川国境を通ってアンマンへ行く方法

f:id:widenhorizons:20190429221708j:plain
イスラエルを旅行する際に是非ともおすすめしたいのが隣国ヨルダンへ訪れること。ヨルダンの首都アンマンは、イスラエルの人気観光地エルサレムから比較的近くにあり、どちらかの都市を訪れるのであれば、もう一方の都市に足を運んでみることをお勧めします。

 

 

 

 

ヨルダン入国には事前申請のビザが必要!?

エルサレムとアンマン間の国境を陸路で通過する際には、一つ大きな問題があります。それは、エルサレムやアンマンから最もアクセスの良いアレンビー橋 /キングフセイン橋を通ってヨルダンに入国する際は、事前にビザがいるということ。

※ただしヨルダン側からイスラエルへ入国する方、または、一度ヨルダンからアレンビー橋/キングフセイン橋を通ってイスラエルに入国した方はビザ不要です。

※アレンビー (Allenby) はイスラエルでの呼び名、キングフセイン(King Hussein) はヨルダンの呼び名

 

この国境はパレスチナ自治区内にあるパレスチナ人のための国境であり、イスラエル人の利用は禁止されています。また、イスラエルからの外国人観光客はビザがなければ通過することができません

 

シェイクフセイン国境を利用しましょう 

事前のビザをお持ちでなければ、イスラエルの北部に位置するシェイクフセイン国境Sheikh Hussein Border)を通ってヨルダンに入国しましょう。まず、エルサレムからバスでベト・シェアン(Beit She'an)という町へ行き、そこから国境まではタクシーを利用し、国境を超えてから再度タクシーを利用してアンマンへ行くことができます。料金は人数に寄りますが、およそ6,000~10,000円ほど (+出国税35アメリカドル) 。半日ほどで到着できます。地図を見ると遠くて難しいと感じるかもしれませんが、直通のバスやタクシーを利用することができるので心配には及びません。

 

エルサレムからアンマンへの行き方-シェイクフセイン国境経由

1. エルサレム中央バスターミナルへ

f:id:widenhorizons:20190429232121j:image
エルサレムからベト・シェアンまでのバスはエルサレム中央バスターミナルから出ています。エルサレムのダウンタウンからバスやトラムで15分ほどの距離にあり、大きな時計が目印です。

 

 
 

バスターミナルはショッピングモールの3階にあります。

f:id:widenhorizons:20190429232133j:plain

 

2. Egged社の961番もしくは966番バスに乗る

f:id:widenhorizons:20190429232137j:plain
バスターミナルには数多くのバスが発着しているため、あらかじめ電光掲示板でバス停を確認しておきましょう。チケットはバスの中で購入します(37.5シュケル≒約1,200円)。バスに乗り込みます。

 

3. ベト・シェアンターミナルへ

f:id:widenhorizons:20190429232142j:plain

ヨルダンとの国境をずっと北へ走り、ベト・シェアン (バス停:Bet She'an Terminal) まではおよそ2時間ほど。ベト・シェアンは終点ではないのでGoogle Map等のGPSを利用して降りるバス停を逃さないようにしましょう。 

 

 

4. タクシーでシェイクフセイン国境へ向かう

f:id:widenhorizons:20190429232146j:plain
非常にのどかな場所です。ここからはタクシーで国境へ向かいます。タクシーの運転手には"Jordan Border"と言って目的地を告げましょう。タクシーをビュンビュン走らせること約15分で国境へ。(約60シュケル≒約1,800円)

 

 

 

5. 出国税の支払い&出国審査

f:id:widenhorizons:20190429232150j:plain

こちらの建物が国境。パスポートを見せてゲートを通過し、建物へ入ります。建物へ入ると窓口が並んでおり、イスラエル側で出国税35アメリカドル支払ってチケットを受け取ります。ここでイスラエルの余った通貨を換金できるのですが、ヨルダンに入国する際のバスで5シュケル (もしくは1ヨルダンディナール) が必要になりますので残しておきましょう。

 

続いてイスラエルの出国審査へ。パスポートを見せて通過します。特に質問されることはありませんでした。

 

出国審査を通過した先には免税店があり、有名ブランドの商品などが並んでいます。

f:id:widenhorizons:20190429232154j:plain
 

6. バスに乗りヨルダン川を渡る

f:id:widenhorizons:20190429232129j:plain
続いてヨルダンへ入国するバスが来るのを待ちます。ここで5シュケル必要になりますので用意しておきましょう。

 

無事にバスに乗ることができたらヨルダン川を渡ってヨルダンへ入国します。バスを降りた先でヨルダンの入国審査を受けます。

 

日本人はビザが不要ですので直接入国審査の窓口に並びます。必要であればビザのカウンターでクレジットカードのキャッシングができるので、この後のタクシーに必要な50JD(ヨルダンディナール) ≒約8,000円ほどを持っておくと安心でしょう。

 

Welcome to Jordan!

 

f:id:widenhorizons:20190429232124j:plain

 

7. 荷物検査をへてヨルダンの地へ

セキュリティーチェックを受け、いよいよヨルダンに入国します。すぐ目の前にタクシーが停まっている駐車場がありますので、そちらでタクシーの運転手に声をかけましょう。

 

8. タクシーでアンマンへ

残念ながらここに停まっているタクシーは1社しかないため、交渉することは難しいようです。料金は二人で45JD ≒約7,100円。アンマンまではタクシーで山をいくつか超え、2時間ほどで到着です。ホテルの前などで降ろしてもらいましょう。

 

おまけ - 上手なヨルダンタクシーの使い方

ヨルダンのタクシードライバーは多くの場合、「明日はどこ行くの?僕が安く連れて行ってあげるし、現地でも待っていてあげるよ」と営業を持ちかけてきます。他のタクシー運転手より安い金額を提示してくれる傾向がありますが、他の交通機関と比べればタクシーですから値段は高いです。もう少し他の手段と合わせて検討したい場合は、「まだ予定を決めてないから決めたら連絡する」などと言って連絡先だけもらっておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。ビザがなくてヨルダンに入国できない!?なんて方のお役に立てていれば光栄です。ヨルダンに関する他の記事もぜひお読みください!