"HORIZONS"

あなたの世界を"ちょっと"広げる情報を紹介

真冬のナイアガラの滝も圧巻!冬期観光をする際に知っておくべき6つのコト

f:id:widenhorizons:20170131132929j:plain

カナダ東部のオンタリオ州に位置し、世界三大瀑布に数えられるナイアガラの滝(英語名:Niagara Falls)。ナイアガラの滝と言えば、テレビや写真で見る青く透き通った、夏の時期に見られる滝が印象的ですが、冬の滝も見逃すのはもったいない迫力と美しさがあります。今回は、そんな冬の時期に役立つ観光情報や注意点など、知っておきたい情報をご紹介します。

 

 

 

1. 天気・気温

冬 (12月〜2月) のナイアガラの滝は、最高気温が5℃を下回り、 最低気温は-5℃前後まで下がります。風の強い日には体感温度が-20℃にもなることがあるので、冬期に訪れる方は、ダウンジャケット・マフラー・手袋など、しっかりとした防寒対策がとれる服装を着用しましょう。滝の周りは、雪や氷で大変滑りやすくなるので、厚底のブーツなどの滑りにくい靴を履くことをおすすめします。冬期には月の半分以上が雨か雪の日となってしまいますが、晴れた日の空は透き通った青色が美しく、雪の白色とのコントラストが見られます。

最新のナイアガラの滝の天気予報はこちらでチェック

 

2. 真冬の滝は凍る?

心配はご無用。ナイアガラの滝は冬場でも完全に凍ることはありません。極寒の時期には一部が凍りますが、それでも水しぶきをあげ、壮大に流れ続けます。凍った滝はまさに自然が作り上げたオブジェのようで一見の価値ありです。

 

3. 冬におすすめの観光スポット

ジャーニービハインドザフォールズ

f:id:widenhorizons:20170131044618j:plain

写真: Niagara Parks 

冬場のおすすめ観光スポットといえばここ、ジャーニービハインドザフォールズ (Journey Behind The Falls) 。滝の裏に作られた通路から滝の裏側を見ることができます。間近に見る滝の迫力はまるで雷が目の前で落ち続けているかのようで、恐怖さえ覚えます。ナイアガラの滝に訪れたら絶対に訪れたい観光スポットの1つです。テーブルロックという建物の中に入口があり、チケットを購入して入場できます。

レインボーブリッジ

f:id:widenhorizons:20170131044024j:plain

写真: Niagara Falls From The Air

カナダとアメリカをつなぐレインボーブリッジ (Rainbow Bridge) を渡って、アメリカ側も訪れてみましょう。50セントとパスポートを持っていれば、徒歩でカナダとアメリカの国境を行き来するという貴重な経験ができます。

スカイロンタワー

f:id:widenhorizons:20170131045453j:plain

Niagara Falls Canada Skylon Tower

スカイロンタワー (Skylon Tower) のオブザーベーションデッキからは、ナイアガラのカナダ滝とアメリカ滝、両方を見ることができます。冬期に開催されるイルミネーションを見るのにも最適な場所。大きく美しい世界三大瀑布のひとつを236mという高さから眺められるスポットです。食事ができるダイニングルームやゲームセンター、その他のアトラクションもタワーの中にあります。

  •  Skylon Tower
  • 【冬期営業時間】9:00~22:00
  • 【冬期料金】大人 (13歳以上) 15カナダドル, 子供 (3〜12歳) 9.20カナダドル, 3歳未満無料 (2017年1月現在)

ナイアガラ・IMAXシアター

f:id:widenhorizons:20170131052323j:plain

写真: IMAX Niagara Falls

 スカイロンタワーの近くにあるナイアガラIMAXシアター (Niagara IMAX Theatre) では、"Niagara: Miracles, Myth & Magic" という、ナイアガラの滝の歴史や神話、ナイアガラでの出来事をまとめた短編映画が上映されています。映画は45分ほどですが内容はとても面白く、ナイアガラの滝で昔実際に行われたイベントや、珍事件・事故について知ることができます。時期によっては、日本語版の上映もされています。時間に余裕のある方は、寒さしのぎに1時間ほどゆっくりしてみては。

 

4.  冬期期間のイベント

f:id:widenhorizons:20170131094956j:plain

写真: Niagara Falls...

冬のナイアガラでは、毎年多くのイベントが開催されています。定番のイルミネーションはカナダ滝・アメリカ滝だけでなく、周りの公園や施設などでも行われていて、ナイアガラのエリア全体がカラフルなライトで色どられています。また、花火や音楽イベント、アイスワインの試飲会など、様々なイベントがナイアガラを盛り上げます。最新のイベント情報やスケジュールは冬期イベントの公式サイトで確認できます。

 

5. 超お得な ナイアガラ ワンダーパス

f:id:widenhorizons:20170131095411j:plain

写真: Niagara Parks

ナイアガラの滝を満喫したい、効率よく観て周りたい、お金を節約したい、そんな方々におすすめなのが「ナイアガラ ワンダーパス」。現地でも事前にネットからでも購入が可能で、通常料金だと合計51.25カナダドル (小人料金28.25カナダドル) 以上かかってしまうアトラクション代も22.95カナダドル (小人料金16.95カナダドル) と、55%まで割引ができます。主な使用可能場所は以下の4つ。

● ナイアガラ フューリー (Niagara’s Fury) 

 ナイアガラの滝の歴史を4D映像で遡るアトラクション。劇場で配られるレインコートを着用し、周りから飛んでくる水しぶきを楽しむことができます。通常料金: 14.55カナダドル。

● ジャーニービハインドザフォールズ (Journey Behind The Falls)

 先に紹介した、滝の裏側を観ることができるアトラクション。通常料金: 11.50カナダドル。

● 蝶の温室 (Butterfly Conservatory)

 2,000種類以上の蝶を観察できる施設。一年を通してオープンしており、真冬でも室内はとても暖かいです。通常料金: 14.55カナダドル

● WEGOバス 2日間利用券 (WEGO Bus 2days Ticket)

 エリアを循環するWEGOバスが、このパスを持っていると2日間で何度でも利用できます。24時間券通常料金: 7.50カナダドル。 

こちらの便利なパス。上記の2つ以上のアトラクションを利用したり、2日間バスを使う方は買うべき、なんとも嬉しいワンダーパス。上記の4つに加えて、その他にもスカイロンタワーやスカイホイールといった人気のアトラクションでの割引、ギフトショップでの割引券など、10カ所以上での特典が受けられます。

  •  Niagara Falls Wonder Pass 
  • 【料金】大人(13歳以上): 22.95カナダドル, 小人(6〜12歳): 16.95カナダドル (2017年1月現在)

 

6. 冬期観光の際に注意したいこと

冬期の観光は、夏の時期と比べて観光客が段違いに少なく、アトラクションの待ち時間もほとんどありません。そういった点で冬の期間はおすすめできますが、注意しなければいけないこともあります。

バスの本数が少ない

 夏場に比べてバスの本数が少なくなります。少なくとも20分、長いと1時間も待たなくてはいけないこともありますので、スケジュールを確認して行動しましょう。

お店やアトラクションが冬期休業する

冬に訪れて真っ先に気がつくのが、ご飯を食べられるところが少ないということ。かろうじてお土産屋さんの多くは営業していますが、レストランなどの飲食店はほとんどと言っていいほど空いていません。テーブルロックという施設のTimHotonsというカフェで、ドーナツやサンドイッチが食べられます。

歩道やエスカレーターなども閉鎖

夏場なら歩いて数分というところも、遠回りして行かなければならないなんてことも。

イルミネーションを見るなら近場に宿泊か、タクシーを使う覚悟を

先に紹介したナイアガラの滝にカラフルなライトが照らされるイルミネーションは日没後に開始されます。しかしながら、トロントやバッファローといった都市に向かうバスが停まるバス停への公共交通機関が、6時以降ほとんど無くなってしまいます。ですので、イルミネーションをゆっくりと見たい方は、ナイアガラに1泊するか、タクシーを利用することをおすすめします。ナイアガラのタクシーは初乗り料金が4ドル前後で、上記のバス停までも15カナダドル程度と割安なので、タクシーを利用されるのもよいでしょう。

 

まとめ

夏の時期のナイアガラの滝ばかりが注目を浴びていますが、冬のナイアガラも劣らない魅力で溢れています。観光客の少ない冬期に、ゆっくりと時間をかけて観光してみてはいかがでしょうか。